Archive for 6月, 2018

チーズ入りじゃがいも餅

Twitterでクックパッドの非公式botをフォローしており、時々気になるレシピをチェックしている。
これもそのひとつ。

じゃがいも沢山もらったし。

中に溶けるチーズってことだったが、ないので普通のスライスチーズを細かくして入れ込んだ。とろけてなくても十分おいしい。

マッシュしたじゃがいもにつなぎになる片栗粉混ぜて塩少々。簡単なのでまた作ってみよう。次回、実家への手みやげはこれにしてみるかな。

Leave a comment »

夏の花

 

T市役所の前庭。ペチュニアだかサフィニアだか、よく知らないのだが、夏らしい!

 

 

Leave a comment »

オランジェット

オレンジにチョコ、私の大好きな掛け合わせ。

チョコボール位のサイズからまその半分以下のサイズまで大きさはいろいろ。オレンジピールを核にしてビターチョコがコーディングされていて、とても食べやすいし摘まみやすい。

たちまち平らげてしまった。もっと食べたーい。

Leave a comment »

小玉すいか

1週間以上前に買ったのだが、涼しい日があり、なかなか食べられなかった。

冷蔵庫でしばらく過ごさせてしまったわりには、ちゃんと甘い!おいしい!

カットされて売ってるのも食べたが、今年初スイカである。

Leave a comment »

旧川崎銀行千葉支店(さや堂ホール)

千葉市美術館の入るビルの1階にある。
林立する太い柱がなかなか趣があっていい感じ。

古い建物を残すのは大変なこと。
でも跡形もなく壊してしまうのでなく、こういう形でも痕跡が残り、往時を偲ぶことができるのはありがたい。

Leave a comment »

オカイコの一生

オカイコは人間が糸を取るために改良された種だそうだが、浅い箱の中で飼っていても、外に逃げ出そうとはしない。

羽化して繭から出てきたとしても、口も消化器官もなく、エサをとることはできない。交尾して卵を残すだけ。

何のために生まれ何のために生きるのか、ってアニメのアンパンマンの主題歌だけど、そのフレーズが思い浮かんだ。

オカイコに限らず昆虫の中には幼虫のまま数年すごし、成虫になると交尾してすぐ死ぬものは多い。
種をつなぐ、それだけが彼らの使命なのかな。

Leave a comment »

映画鑑賞『万引き家族』

パルムドールをとって興行的には大躍進中のようだが、私が観た回はレイトショーだったから意外とすいてた。
是枝監督作品は所謂おもしろい作品ではないからね。ハリウッドものが好きな友人は絶対観ないだろうな。

縁側から花火の音だけを楽しむシーンは何だか象徴的。立地的には見えそうなんだけど見えないという、それはまるで彼らの存在のよう。見ようと思えば見えるはずなんだが、わざわざ大通りに出てまで見ようとはしない。

祥太の表情、瞳がとても多弁でいい。

それにしても彼は捨てられた子なの?さらわれた子なの?一番気になるのは彼の行く先だ。

スイミーの絵本は読んだことないんだけど、図書館行って借りようかな。

人の良さそうなお婆ちゃんもかなりしたたかだった。

題字は小学生が書いたみたいな字だ。
祥太には本当の名前と家族を取り戻して欲しいとは思うものの、みんなで海に行ったことを忘れないでほしいなとも思う。

Leave a comment »

映画鑑賞『泳ぎすぎた夜』

何かの雑誌にレビューが載ってて、レビューの文章ではなく、そこに掲載されてた画像(左のチラシの一番下、少し横向きのもの)に心がザワついて、気になっていた。ちなみにレビューの文章ではあまり面白そうには思われなかったのだが。

で、シネマテークたかさきで上映と知り、こりゃ行っとこう、となり。。。

まったくセリフがない。車の音、犬の声、雪をかく音などの効果音や、2度だけ劇伴としてクラシックが流れるが、あとはほぼ無音。

それは降り積もった雪が音を吸い込んでしまったのかのよう。

男子小学生(たぶん1年生?)が、父に自分の描いた魚の絵を見せようと、学校サボって電車のって父親の働く魚市場へ一人で黙々と向かうロードムービー?

小学生ならではな行動も時折ありクスクスという笑いを誘う。

だからなに?と言ってしまえばそれまでなのだが、静かなる冒険をただ眺める、という映画もアリなのかな。

父が未明に仕事に出かけたあと目覚めてしまい、起きて一人ポテチを食べ、また寝て、朝食の最中に眠ってしまい母に着替えさせられ、学校に向かうも校舎の直前で道をはずれ、雪に埋めたミカンを食べたり、左手の手袋落としたり、父に会えないまま帽子を市場で落としてきたり、暴風雪を逃れるため駐車場に並ぶ車のドアを片端から開けてみようとしたり・・・

低学年の男子ってこんなカンジなのかな。とてもいとおしい。

魚市場への道を思い出せないでいたが、持ってきたデジカメを見ると、かつて父に連れられて行った魚市場のいろんな光景とともに魚市場への道のり、行く途中で撮った建物があり、そこからヒントを得て、また勇んで歩きだすところは、ちょっと嬉しい。 最後、父に会えないものの無事に帰宅できるのはデキすぎ?とは思うものの、終始盛り上げもないままたんたんと進み、物語としては退屈と評する人がいるのは勿論だろう。 でもやはり忘れられない作品だった。

Leave a comment »

エクストラミントチョコ

カフェドクリエのもの。

夏限定。去年ものんだっけ?エクストラじゃない方かな。

どーしても飲みたくて日比谷に行ったあとわざわざ少し新橋方向に歩いて訪ねた次第。

氷がシャリシャリとして体が冷える。

チョコの粒が意外に大きいまま入ってたりする。

満足!

Leave a comment »

クリアラテ

透明な飲料が流行りらしい。コーラもある。

職場で飲むのに罪悪感が薄いとか、まぁ理由はそれなりにあるらしいが。

これ、カフェラテのような風味は確かにある。
しかし水に近いのかもと思って飲んだら結構甘い。
香りもたしかにカフェラテだが、コーヒーのコクが全くないので、何だか物足りない。

たぶんもう買わない気がする。

Leave a comment »