Archive for 9月, 2017

2017晩夏の旅 その8 倉敷 有隣荘

外観のみの見学だが、異彩を放つオレンジ色の壁と、屋根瓦も緑に近い独特のものだった。

Leave a comment »

2017晩夏の旅 その7 大原美術館の工芸館

工芸館は人が少なく静かだった。

棟方志功や芹沢ケイ介(ケイは金偏に圭)など。

収蔵品、多彩だわ。

Leave a comment »

2017晩夏の旅 その6 大原美術館

この旅の目玉のひとつ。

倉敷という一地方にこれだけの美術館を作った大原孫三郎は、いろんな社会事業も行ったらしいが、昔は志の高い実業家が結構いたんだなぁ。

去年、六本木の新美で主要な作品は見たけれど、でもまだまだ沢山の名品が。

工芸館や東洋館というのもあり、また分館には現代アートもあって、見応え多くて大満足。

Leave a comment »

2017晩夏の旅 その5 不思議なキャラ

これは何かな?

Leave a comment »

2017晩夏の旅 その4 マンホール蓋

倉敷は藤が市の花なのかな?

Leave a comment »

紅茶花伝 ロイヤルミルクティー アーモンドキャラメル

あまーい!

季節限定だから買ってみた。
410ml だからちょいスリムなボトル。
デザート感覚でいただくといいかも。

Leave a comment »

2017晩夏の旅 その3 双頭?

これは倉敷で。

ビミョーなかわいさ。

頭が2つあるみたいじゃない?

Leave a comment »

2017晩夏の旅 その2 倉敷美観地区

初日は倉敷に滞在。大原美術館はじめ周囲を散策。

この建物は倉敷館という観光案内所。昔の町役場だそう。

夕闇の中ライトアップされてて素敵。

美観地区はそう広くはないが、平日でも観光客がいっぱいだった。

Leave a comment »

映画鑑賞「ワンダーウーマン」

アメコミの実写化、って正直あまりそそられない。アクションものってあまり好きじゃないし。

でも割と評判が良いので、先日時間があったので行ってみた。

成程、主演のガル・ガドット、カッコいいねー。しっかり筋肉がついた細すぎない肉感的な体は素敵!

男に媚びず、正義を貫く強い女性。
沢山の少女がワンダーウーマンに憧れてくれることを期待したい。

Leave a comment »

2017晩夏の旅 その1

今年は隣県ではなく、少し遠くへ旅行してみたく、かねてよりパッケージツアーへの参加を考えていたので、新聞広告を参考に企画を探した。

倉敷の大原美術館は行きたかったので、プラス直島のベネッセミュージアム&家プロジェクト、さらに鳴門の大塚国際美術館という4大アート巡り。

総合的な印象評価をまず。

・意外に一人参加の人が多かった。昼食はほぼ車中弁当、ホテルでの夕食も1回だけだから、ぼっちということや周りに気を使うこともなく気楽だった。バスの座席は3日間毎日変わったのだが、それほど隣席に気を使うこともなく、まずまず。たぶん、好んで単独参加なのだろうから、私と同じにほっといて欲しい、またはほっといても大丈夫、なんでしょうね。

・初日の昼御飯は空弁。空港で買ったヒレカツサンド。2日めはオプションで頼んだ鯖寿司。3日めもオプションの幕の内弁当。昼飯時が移動になってしまったために弁当ばかりなのは仕方ないものの少々さみしい。オプション頼まなかった人の中にはコンビニのパンづくしの人もいた。

・初日の夜は居酒屋風な小料理屋でままかり寿司のミニコース。青魚好きとしてはままかりは是非食べたかったので。もちろんおいしかった。

・2日めの夕食はホテルの食事で、鯛の刺身、鯛飯、鯛のほうろく焼きという鯛づくし。

・美術館めぐりの旅なのに「よくわからない」と大塚国際美術館の展示室で呟いてたおばあちゃん、なぜ申し込んだの??大塚でその調子じゃ直島なんぞは退屈だったのでは?

・団体行動に不向きな人がいたらイヤだなぁと思ってたが、バスの車中も静かだったし、集合時間に遅れる人もいなかったし、全く杞憂だった。

・単独で巡るよりおトクだってことは解ってたが、特に移動の手間が省けたのは大きい。直島や大塚国際は公共交通で行こうとすると少々面倒。

ということで、機会あったらまたツアーを利用してみたい。

Leave a comment »